期間工基礎知識

いじわるチェックを見抜きたい

やりやがったな!!!

キカン・コーシです!

工程にもよりますが期間工は指示書(指示票)というものを見て作業します。

簡単に言うとそこには

この車には部品Aをつけてね!

みたいなことが書いてあります。

間違えて部品Bをつけてたら車が正常に機能しなくなるから絶対ダメ。

めったに起こらないそんな事態ですが、いざという時のために作業者が間違いを見抜けるかが大事

そう。たまに指導役の社員さんがわざと違う部品を流してくることがある

それがいじわるチェック。

大感謝

いよいよトップ10!?

ついにここまで来ました!

いじわるチェックとは

冒頭で説明しましたが、簡単に言うといじわるチェックとは

わざと違う部品を流したりして作業者が気付くかをチェックすることです。

ちなみにいじわるチェックという名前は三菱で使われていました。

トヨタ車体ではいじわるテストと呼ばれています。

ダイハツ九州では何と呼ばれていたのかは不明ですが存在はしていました。

名前は異なれどおそらくどこの工場でもあるでしょう。

ちなみに初めていじわるチェックという言葉を聞いた時のキカン・コーシは

エライヒト
エライヒト
いじわるチェックが~
キカン・コーシ
キカン・コーシ
(ビジュアルチェック・・・?)

という聞き間違いをしました。

だからどうした

いじわるチェックの具体的な例

では、いじわるチェックでは具体的に何をされるのか?

各社で様々な工程を経験してきた私の体感としては

  • 部品が足りない
  • 違う部品を用意される
  • かんばん(※)を抜かれる
  • 同じ部品の中に違う部品を混入させられる

というのが基本かなと思います。

かんばんというのは、識別番号の書かれた紙で部品の外箱についています。工場によってかんばんシステムはあったりなかったり。

部品が足りない

工程によっては、前の工程で事前に用意された部品をとりつけるという場合があります。

そこに付け込まれるのがこのスタイルのいじわるチェック。

指示書には

部品A,B,Cをつけてね!

と書いているのにそもそも部品Bが用意されていないみたいな感じです。

期間工の仕事に慣れてくると車種や形状を見ただけで

キカン・コーシ
キカン・コーシ
あー次はあのタイプね~

と分かるようになってきます。

ここで横着して指示書の確認を怠ると引っかかってしまうんですね。

違う部品を用意される。

上記の変化形です。

事前準備された部品が異なっているというパターン。

たちの悪いことに車というものは別の部品でも取り付け可能に作られているんですよね。。。

かんばんを抜かれる

期間工の作業では多くの部品を使いますが、その中には機能が違うものの見た目的には違いがわからないような部品も存在します

なので我々は新しい箱から部品を取り出す際はかんばんを確認して所定の位置に収容しなければいけません

いつも使っている部品Xがいつも通りの置き場にあるからといって、確認せずに使うとダメ。

何故なら搬入の人達が間違えている可能性があるからです。

ということで新品の外箱に本来ついているはずのかんばんが抜かれているといういじわるをされる場合があります。

同じ部品の中に違う部品を混入させられる

上記の変化形です。

部品Xの置き場にしれっと見た目の似ている部品Yが置かれていたりします

これもかんばんを見ずに作業するとアウト。

なぜいじわるチェックが必要なのか?

これはもちろん不具合に気付く訓練のためです。

期間工は一日に数百台、年間だと万を超える台数の車を作ることもあります。

しかし作業者はみな人間なのでミスというものは起こり得るもの

めったにないことではありますが、いざそういうことが起こった際に不具合をそのまま流してしまうと大惨事。

最悪の場合市場に流れてリコール騒ぎが起こってしまいます。

そうならないように常日頃から正確な作業をできるようにいじわるチェックで鍛えられるのです。

いじわるチェックの見抜き方

期間工経験が増えてくるとたまに

キカン・コーシ
キカン・コーシ
あ、今からいじわるチェック来るな

とわかる瞬間があります。

それは不自然に社員さんが近くにいる場合です。

そりゃそうです、作業者が気付かず不具合を流してしまった場合に備えて社員さんは近くで待機する必要があるんです。

もし事前に社員さんの気配に気づいた場合は何食わぬ顔をして

キカン・コーシ
キカン・コーシ
わ!不具合だ!社員さん!!!
エライヒト
エライヒト
良く気付いたな!これはいじわるチェックだ!
キカン・コーシ
キカン・コーシ
えぇ~!?びっくりしたなぁもう!

と白々しい演技をしましょう!

普通に気付くのが一番です

まとめ

一台の車を作るために何百何千の工程がありますが、その一つでも間違えば車は異常が出てしまいます。

しっかりと正確な作業を心掛けましょう!

キカン・コーシでした!

いじわるチェックに引っかかりがちな人はクリック

現在期間工ブログランキング全力挑戦中!

クリックお願い致します!!!