ダイハツ九州

ダイハツ九州の研修内容

ダイハツマン!

キカン・コーシです!

本日はダイハツ九州の研修の具体的な内容に関する記事です!

※ダイハツ九州の研修を受けた感想はこちらから

※三菱の研修についてはこちらから

1日目(月曜日)

ダイハツ九州は毎週月曜日入社。午前は入社説明になります。社員証発行等の入社手続き、通勤の際の注意事項、工場見学などです。特に難しいことはありません。

本番はここからです。

午後は研修場での座学になります。正確に言えば座学というより声出しの練習です。ダイハツ九州の研修では声出しが非常に大事で、声が小さいと「お前やる気ないなら帰れ!」等の指導を全体の前で受けることになります。

キカン・コーシ
キカン・コーシ
あまりの指導の激しさから次の日にはいなくなっている人も。。。

2日目(火曜日)

※ダイハツ九州の研修は人数が多い場合は2つの班に分かれるため、2日目、3日目の内容は一部入れ替わる可能性があります。

2日目はいよいよ本格的な訓練の開始です。

まずは規律訓練。研修上に併設されているグラウンドに出て、回れ右、点呼の取り方などの練習を始めます。ちなみにこれも常に大声で叫ばなければなりません。手順を間違えてもすごく怒られます。そして最終日にテストもあります

次に安全教育。工場内での指差呼称のやり方、現場での危険カ所などをしっかり学びます。もちろん最終日のテストにも出ますし、それ以上に安全に仕事をするために必要なことなのでしっかり学びましょう。

そして技能訓練。ボルトを決められた時間で決められた本数を打ち込むというオーソドックスなものです。しっかり取り組めば最終日までにはクリアできるはずです。

最後にウォーキング。先頭を歩く教官について5キロの距離をかなり速いペースで歩きます。教官と同じペースでクリアできる人はかなり少数ですが、現場に配属されればこんなレベルじゃないくらいに体力を使うので頑張りましょう!

キカン・コーシ
キカン・コーシ
私はキツ過ぎて逆に楽しくなってきてました(?)

研修終了後、宿泊研修があります。(2班に分かれている場合は2日目に泊まる班と3日目に泊まる班に分かれます。)

宿泊研修ではビデオを一本見るだけで特に難しいことはありません。自由時間に規律訓練やテスト範囲の内容を教えあったりして親睦を深めることが主な目的だと思います。宿泊研修が終わると同期の間に謎の絆のようなものが芽生えています。(笑)

キカン・コーシ
キカン・コーシ
皆で乗り越えよう!

3日目(水曜日)

3日目のスタートです。

まず2日目にやった安全に関するテストです。しっかり復習をすれば特に難しくはありません。

次に規律訓練。2日目にやったことの復習と新しい動きをやります。これも次の日にテストなのでしっかり覚えましょう。

技能訓練は全く同じ内容です。ただボルトを打つ練習をします。どうしてもうまくいかない人は周りの経験者や教官などにアドバイスをもらってもいいかもしれません。

からのウォーキング。乗り切るしかないです。

そして一分間スピーチの練習。なんと最終日にそんなものがあります。グラウンドの端に立って、発表者は逆の端に行き、与えられたテーマに関して大声で叫びます。内容よりも手順を守ることと大声で叫ぶことが重要だそうです。

キカン・コーシ
キカン・コーシ
ここまで来たらあとはテストのみ!頑張りましょう!

4日目(木曜日)

まずは全体的な筆記テストです。しっかり勉強して挑んでください。点数が足りずここで不合格になる人も実際にいました。ここまで来て落ちたらどれだけ悔しいことか。。。

規律訓練と技能訓練もテストです。これは与えられたことをしっかりやればOKです。

そして、全てをこなすと無事合格!

ついに配属が発表されます。

偉い人
偉い人
キカン・コーシ君!
キカン・コーシ
キカン・コーシ
はい!(ドキドキ)
偉い人
偉い人
配属先・・・
キカン・コーシ
キカン・コーシ
はい!(ドキドキ)
偉い人
偉い人
組み立て課!
キカン・コーシ
キカン・コーシ
ひぇ~(はい!)

そしてここからは配属先毎に別れて説明を受けることになります。

配属される班によって次の日から勤務開始だったり、もう一日研修があったりします。

とりあえず、ここまでで研修は終わりと言えるでしょう!

まとめ

コンプライアンスの観点から詳細に関しては濁していますが、これがダイハツ九州の研修の流れです!かなり厳しいですが、乗り越えたときの感動もそれだけ大きい!頑張ってクリアしましょう!

キカン・コーシでした!

↑ライン作業の方が厳しいと思う方はクリック!

ダイハツ九州に応募する際は工場ワークス で【ダイハツ九州】と検索!派遣求人の方がおすすめです!