期間工コラム

初めての期間工、戸惑ったことベスト3

国境の長いトンネルを抜けるとそこは岡崎であった

キカン・コーシです!

本日は私が初めて期間工という特殊な職業についたときに戸惑ったこと、大変だったことなどをランキング形式で発表していきたいと思います!対策も書いておくのでぜひご参考にしてみてください!

第3位:体調管理

期間工は肉体労働です。工程によってやることは様々ですが、身体的に楽な工程はほぼないと思われます。そしてさらに交代制勤務。体のリズムも最初は作れなかったり、睡眠がうまく取れなかったりします。そして加えて工場内の気温。空調なんてほぼ意味を成してません。以上の環境から、初めのうちは高確率で体調を崩します。

疑問
疑問
体調崩したなら休めばよくない?
キカン・コーシ
キカン・コーシ
よくないです

なぜなら期間工が高収入になる理由の大部分を占める入社祝い金・満了金の支給条件に関わるからです。入社した際に利用した派遣会社や働いている会社によって条件は異なりますが、厳しいところは一回休んだだけで祝い金数十万が支給されなかったりすることもあります。また、休んだことによって契約更新できないなんてことにもなりますので注意です。また、どんな理由があっても入社直後は1~2回休んだだけでクビになるというシステムの工場も多々あります。私は一度38度の熱がある中仕事をしましたが、本当に死ぬかと思いました。

対策

何よりもしっかり食事と睡眠をとることです!本当にすぐ体調が崩れます!これでもかっていうくらいに気を付けましょう!

第2位:人が冷たい

最初のうちは班員の方々も話しかけてこないし、工場のシステムが本当に何もわかりませんでした。「期間工なんて人の入れ替わりが激しいし、特に馴れ合ったりしないのかな?」なんて思っていたのですが、のちに明確な理由がわかります。それは期間工には非常に個性的な方(オブラートに包んだ表現)が割と頻繁に入社してくるので、関わっていい人間なのかを判断しなければならないという理由です。みんな警戒してるんです。私も散々な目にあいました。(いつか記事にしたいですね。。。)

対策

この記事を執筆した時から時間も経ち、私も現在は2つめの工場にいます。

今となってわかることは、結局無理をしなくても仲良くなる人とはそのうち仲良くなるということです。最低限の会話としっかりとした報連相を行っていれば大丈夫です。もし初めて期間工になって「あれ?自分、班になじめてないのかな?」と思っても、時間が解決してくれるので一ヶ月くらい様子を見てみましょう!

第1位:工場が広すぎる

これは僕が方向音痴なだけでしょうか。。。

初日は派遣会社の人に連れられて現場に行き、同期となんとなく帰りました。そして次の日、自分の配属先の場所がわからない。その日が終わり、帰る時も出口がわからない。上にも書いたように最初は班員の方々も冷たかったので聞くこともできず、工場内を延々とさまよったあの日を私は忘れません。

対策

その後仲良くなった先輩に聞いた攻略法があります。それは柱番号を見ること。大きい工場だと柱に規則的な番号が振ってあるので、これを見ることで何となく自分のいる位置がわかります!

まとめ

いかがでしたか?これが私が初めて期間工になって戸惑ったことです。これから期間工になる方は是非ご参考に!

キカン・コーシでした!

他の期間工の体験談