孤独の期間工グルメ

【桝本】孤独の宮崎辛麺

夏バテを吹き飛ばせ

キカン・コーシです!

夏も本番になり体力も落ちてくる今日この頃。しかし体が資本の期間工にとってそんなことは言っていられないだろう?

辛麺屋桝本

以前中津市を散策しているときに見つけていた店がある。

元祖辛麺屋 桝本

どうやら辛麺とは宮崎県のソウルフードであり、この桝本さんが元祖らしい。九州を中心に関西や関東にも店舗を構えるという名実ともに素晴らしい店だ。

さぁさっそく入店だ!

注文

店内に入ると席にタッチパネル式のタブレットがあった。

メインメニューはこちらの4種。今回はもちろん元祖辛麺をチョイス。

辛さやトッピング量、麺の種類までかなり細かくカスタマイズできるシステムだったが今回は限りなく基本に近い形で注文した。

さぁ注文の品が届き始めた。

実食

いきなり主役の登場だ。

元祖辛麺3辛(850円)

辛さは5辛まで850円、それ以上は値段が多少変わっていく。ちなみに最高は30辛らしい。

うまい!!!

ベースとなっているのはかなりしっかりとした鶏がら醤油味だと思う。おそらく辛さがまったくなくても十二分においしいスープだ。

そこにニンニクなどの香りが存分に加わり食欲を掻き立てる。

3辛というチョイスは辛い物がそれほど得意ではない私にとってちょうどいいくらいだったので、辛いのが好きな人はもっと上のレベルを選ぶべきだろう。

具材は溶き卵・ひき肉・ニラ・ニンニクだ。

というか何より

ニンニクのサイズ感!!!

スープの強力な香りも納得である。

そしてこの麺。こんにゃく麺と呼ばれるそば粉を練りこんだ麺らしいが、その食感は子気味良い弾力と心地よい舌触りを兼ね備える新感覚。

写真ではあえて麺だけを写しているが、普通に食べていたら通常のラーメン以上に具材が絡んでくる

多少の好き嫌いは別れそうな感じはあるが、是非一度試してもらいたい。あと低カロリーらしい。

さぁ麺を食べ終わったが、今回実はごはん小(150円)も注文していた。辛麺という料理を知った時から私はこれをやりたかったのだ。

具材載せごはん!

スープがうまい上に具沢山。そんなラーメンはこうするしかないだろう。言うまでもなく最高の味だった。

夏の暑さすら吹き飛ばす程のスタミナ料理、御見それいたしました。

ごはんまでつけてちょうど1000円。この満足度に対してこの価格は安すぎる。

次回は通常の中華麺や、別のメニューも食べてみたいところだ。

おわりに

今回お邪魔したのは辛麺屋桝本中津店さん。

夏バテ気味な方は是非。ただ人に会う前に食べるのは要注意だ。

キカン・コーシでした!

↑辛いもの好きはクリック