孤独の期間工グルメ

【麺勝】思い出のコロッケそば

あの日の味だ

キカン・コーシです!

地元の良さは県外に出て初めて分かる。いつまでもそこにある変わらないモノは私の心にそっと寄り添う。

麺勝

麺勝

九州内に多数店舗を構える株式会社うちだ屋グループの店舗の一つだ。

この店はセルフ形式でうどん・そばを提供する店舗であり、家の近くにあったこともあり10年以上前から通い続けている

ここのそばが私は大好きだ。

学校終わりに友達と食べに行った。

受験勉強に疲れて夜食で食べに行った。

特に何もない日でも食べに行った。

そして今日、また食べに来た。

注文

ここの店はセルフスタイルだ。

左端で麺メニューを注文し、トッピングをとりながら進み右端でお会計をする。

ちなみに右側のメニュー写真には組み合わせとして多数の例が載っているのだが、これを見て

キカン・コーシ
キカン・コーシ
海老天そばください!

などと注文すると

店員
店員
かけそばですね~海老天は自分でとってくださいね~

と言われるのは初見殺しが過ぎると思う。未だに納得していない。

とはいえ、麺勝マスターである私はもはやトッピングを悩むことすらない。お目当ての品をとってそそくさと着席。

実食

やはりこれだろう。

コロッケそば(350円)

正確に言えば

  • かけそば 250円
  • コロッケ 100円

という値段配分だ。ネギは私が抜いて注文しただけで普通は載っている。

余談ではあるが、私は「好きな食べ物は何?」という質問に対して牛肉コロッケと答えるくらいにはコロッケが好きだし、麺類というジャンルにおいてはこのブログでも散々レビューしてるラーメンよりも実はそばが好きなのだ。

あれは確か21歳の冬、ふとしたネット記事をきっかけに『コロッケそば』という存在を知った瞬間どれだけ私の胸が高鳴ったことか。

 いざゆかん。

まずはまだ上面にサクサク感の残るコロッケを・・・

うまい。

九州人の味覚に合わせた甘めのそばつゆ。

それが少し染み込んだコロッケ。

片面に残るわずかなサクサク感。

あとから広がるじゃがいもの甘みと旨味。

最高だ。最高ポイントが多すぎて勉強できない奴の教科書くらいに下線を引いてしまった。

そばもスルっと心地よいのど越し

今回は注文していないが、この店のトッピングは天かすや海老天と言った定番に加え、とり天、かにかま天、いんげん天などの天ぷら、また唐揚げやチキンカツなんかもある

そんなじゃじゃ馬たちと組ませても旨いそばがこれなのだ。

癖が少なくどこまでも食べ進めることができる

半分ほど食べ進めるとコロッケがかなりふやけてくる

ここらで一味唐辛子を少々振って

これぞ醍醐味

コロッケそばを食べたことがない人は口をそろえて言う。

「コロッケはサクサクだからおいしいんでしょ!?」

ふふっ、まるで昔の私を見ているようだ。

コロッケは、だしを吸い込んで、ふにゃふにゃになって、新たな境地に達せるのだ。

そりゃぁサクサク揚げたてのコロッケはおいしい。この世で一番おいしい食べ物だと私も思っている。

だが、コロッケそばのコロッケはまた違った一面を見せてくれるのだ。

試したことのないそこのあなた、私を信じて一度試してみてはくれないだろうか?

本日も大変おいしくいただけました。

ーーー人生、それはコロッケなのだろう。

あの日まだ若いコロッケであった頃は揚げたてサクサクのまま食べてほしかった。

だがこの人生、あっ失礼、コロッケ生は上手くいかないこともある。

まさかそばに乗せられふにゃふにゃにされてしまうなんて。

だけど、だけどさ、それが新たな魅力が生まれる瞬間だったんだよ。

形なんてどうだっていいさ。最初と変わっちまってもいいさ。

お前の魅力は、意外な方向で開花するのかもしれねぇぜ?

おわりに

本日お邪魔したのは麺勝さん。

安くてうまい九州のうどん・そば。是非一度お試しあれ。

クリックそば好きはコロッケ