期間工基礎知識

期間工の数が足りている時と足りていない時の違い

こんにちは!

キカン・コーシです!

期間工は毎週のように数十人単位で入社してくる一方で、辞める時期はまちまち。人によっては急に消えてしまうこともしばしば。それにもちろん時には体調を崩してしまう仕事を休む人もいますよね。そんな環境ですので状況によって班内の人員の数には結構バラつきがあります。では人が足りているときと足りていない時ではどんな感じの差があるのでしょうか?

期間工の数が足りているとき

まずは人が足りている場合です。

各工程に人が配置され、リリーフ(ミスした際に手直ししてくれたり、トイレに行くときに代わってくれたりする社員さん)も最大人数体制。

また新しい工程の研修も多く始まり、一つの工程毎に新人&指導者の2人~3人体制。

班内の空気にも余裕が生まれます。

リリーフの人も暇なのかたまにちょっかいをかけに来たりするときもあります(笑)

期間工の数が足りていない時

期間工の数が足りない時は地獄です。

研修が行われる工程は最小限、そしてリリーフの社員さんも何人かラインに入ります。つまり裏を返せば、ミスをできないしトイレ等にいくとも言い辛い空気感になります。

またあまりにも人が足りていないと他班からの応援が来ることも。

期間工にとって毎日行っている慣れた工程をこなすことは難しくありません。なのに、なぜかこういう日に限って変なミスをしたりおなかが痛くなったりするんですよね。世の中上手くできています(?)

まとめ

周りや班内の状況というものは自分の力では同地もならない部分ではありますが、日ごろからゆとりをもって仕事をできるような心構えで頑張っていきましょう!

キカン・コーシでした!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は br_c_9169_2.gif です
期間工情報はこちらから!

応援クリックお願いします!