派遣工

派遣工を選ぶメリット

ハケン・コーシに改名したら?

キカン・コーシです!

本日は当ブログの人気記事である

こちらをより掘り下げた記事になります。

※この記事においては期間工=直雇用の契約社員 派遣工=派遣会社所属の派遣社員として扱います。

高く安定した時給

まず何よりも時給が高いこと派遣工の特徴になります。直雇用の期間工を募集しつつ派遣工の求人にも力を入れている企業を例に挙げると

期間工派遣工
いすゞ1250円(日給10000円)1450円~1550
日野1250円(日給10000円)1700
三菱1090円1800

このような差が生まれます。満了金や祝い金は期間工の方が高く設定されていますが、毎月の収入が安定すること、そして計算すると結局期間工より稼げるという場合が多いです。

※上記例は2019年4月時の求人内容を参考にしており現在は異なる場合があります

給料の先払い制度

詳細や金額は異なれど、多くの派遣会社が採用しています。

キカン・コーシ
キカン・コーシ
お金がないから期間工になる!

と決めて応募したもの、期間工として採用されても初回給料まで2カ月かかったといったこともあります。祝い金の振り込みが遅いところもあります。

しかし派遣工の場合は派遣会社に「毎週〇円まで先払いできる」といった制度があります。これを利用することでさしあたっての生活費は確保可能。

キカン・コーシ
キカン・コーシ
パチンコで負けて金がねぇ

という時だって大丈夫!!!

採用が早い

上記に関連しますが、期間工の場合は

  1. 派遣会社経由で期間工に応募
  2. 派遣会社の一次面接
  3. 応募先の企業の二次面接
  4. 採用

という手順を踏むため、応募してから結果が出るまでに1カ月以上かかることもあります。受かればまだいいのですが、実は私は最初マツダに期間工として応募して落ちました。採用に時間がかかることを知らず無職の状態で応募したので、1カ月をまるまる無駄な待期期間にしてしまったのです。。。

派遣工の場合は

  1. 派遣会社に派遣工として応募
  2. 採用

という流れになり、最短即日の採用となります。

当時の私のようにお金に困ってる人には特に魅力的な部分ですが、この点はあまり知られていないのでぜひ知っておきましょう!

寮の待遇

期間工の場合、多くの場合は集合寮に配属されます。場合によっては相部屋の可能性すらあり、個室でも風呂トイレ共同が基本となります。また寮によっては喫煙禁止、調理禁止などと様々なルールが設けられています。もし苦手な先輩が同じ寮だったりしたら、仕事が終わってもどこで会うかもわからないし気が休まるどころではないでしょう。

派遣工の場合は、レオパレス等の民間アパートが基本となります。一般的なアパート生活のルールは守らなくてはなりませんが、基本的には何をしても自由です。人間関係のわずらわしさもありません。しかし寮が有料の場合もあるので求人の内容は事前にしっかり確認しましょう。

通勤

期間工の場合は寮から決まった時間に出るバスに乗り出勤するスタイルがほとんどです。工場から遠い寮に住んでいる場合はこれに乗り遅れると遅刻確定、出勤まで電車を乗り継ぎ1時間以上かかることも。また以前どこかのブログで読んだのですが、同じ格好の男たちが同じバスにぎゅうぎゅうに乗り込んで現場に向かうのが精神的につらいと。たまに期間工は収容所とか強制労働とか揶揄されているものをみますが、そのイメージはこういうところからも来ているのかもしれませんね。

派遣工の場合は、通勤バスの場合もありますが基本的に好きな通勤スタイルをとることができます。また、工場から近い物件が多いので、徒歩で来たりする人もいます。

ただこれは立地のいい寮を引けるかという問題ですね。求人内容によって異なることもあります。しかし期間工の場合寮はランダムですが、派遣工の場合は問い合わせれば「〇〇駅周辺になります」と事前に教えてくれることもあるので多少は派遣が有利かも?(私は事前に問い合わせをしました)もしかしたら多少の要望は通るかもしれません。

まとめ

以上が実際に派遣工を経験し、次も派遣工を狙っている私が考えるメリットでした。合わせて下記記事もお読みください。

目的によって期間工派遣工、最適なものを選びましょう!

↑派遣工求人の探し方についてはこちらをどうぞ!

キカン・コーシでした!

期間工や派遣工のリアルをもっと知りたい方は人気ブログランキングへ